Skip to content

ニキビを防ぐメイクのコツ

顔にニキビが出来ている時は、メイクをせずに早く治すことが1番です。

それでもどうしてもメイクしなければならない時は、ニキビを抑える効果のある化粧品を使って、出来るだけ肌に負担をかけないようにします。特にニキビの原因となりやすいのがファンデーションです。ファンデーションは油分を多く含むうえ、皮脂や空気中のチリなどと混ざって汚れに変わりやすい性質があるので、ニキビの大敵です。特にリキッドファンデーションは、油分が多く毛穴も塞いでしまうので避けるべきです。

ダメージが少ないのは、パウダーファンデーションを使ったナチュラルメイクです。保湿効果が高い化粧下地をムラなく伸ばし、しっかりと浸透させた上から、パウダーファンデーションを薄くつける程度にすれば肌に負担がかかりにくくなります。化粧下地は化粧ノリを良くするだけでなく、ファンデーションが毛穴に入り込まないようにする効果もあるので、ニキビをはじめとした肌の様々なトラブルを防いでくれます。メイクの際には必ず化粧下地を使用することがポイントです。

また、乾燥肌の人は、乾燥のダメージから皮膚を守るために皮脂が分泌しやすい肌質なので、保湿効果が高い乳液やクリームなどで念入りに肌を整えてからメイクします。オイリー肌の人は、食生活の乱れやストレスなどによって皮脂を多く分泌している場合が多いので、メイクはとにかくナチュラルを心がけ、こまめに皮脂を拭き取ると効果がでてきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *