Skip to content

ニキビができたときのメイク

ニキビを隠さないで外出することは、炎症を起こしている部分をそのまま紫外線やホコリなどのダメージにさらすことでもあります。

肌を刺激から守ろうと働くので、角質が厚くなり毛穴が塞がってさらにニキビができやすい環境を作ってしまいます。よって肌が荒れているときは、外部の刺激から守るためにメイクでカバーすることが大切です。まず、下地の代わりに保湿力の高い美容液で肌に潤いを持たせます。ファンデーションは油分が入っているので、油分を一切含まないフェイスパウダーを使います。

最近ではニキビ肌のためのミネラルファンデーションに人気があります。しかしミネラルとは無機質を意味しており、天然の鉱物で作られたものは全てミネラルファンデーションになります。中にはミネラル以外の成分を含んでいる場合があるので、成分表示をよく確認することが大切です。液状になったリキッドファンデーションは、肌に大きな負担をかけるので使用は控えます。目立ったニキビはフェイスパウダーを使う前にコンシーラーを用います。

コンシーラーは最もカバーできるスティックタイプを選びます。色は自分の肌よりワントーン暗いと思われるものが適しています。自分の肌と同じかあるいはそれ以上明るい色のコンシーラーを使うと、白浮きしてかえって目立ちます。コンシーラーはなるべく厚塗りにならないように気をつけます。赤みがひどい場合は、ニキビに何回も塗るのではなく、周りに塗ってから徐々に馴染ませます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *