Skip to content

ニキビを悪化させる食べ物

ニキビの原因にはホルモンバランスの乱れや睡眠不足、ストレスなど様々な要因が考えられます。

そして食べ物もニキビを作ったり、悪化させたりします。まず、飲み会でよく注文する唐揚げです。肉の脂質だけでなく、衣にも多くの油を含んでいます。皮脂の分泌が増えるので、ニキビがあるときは食べない方が良いです。スイーツも皮脂の分泌を促進します。スイーツには乳製品や砂糖を大量に使用しています。またスイーツを食べるときに、多くの人がミルクティーなど甘い飲み物を合わせます。

特に女性に多い傾向で、糖分や乳製品の摂り過ぎに注意します。次に、ナッツ類です。ナッツ類自体は健康食品として知られていますが、食べ過ぎるとニキビできやすくします。お酒のおつまみに出されるピーナッツなど、気づかないうちに食べ過ぎていることが多いです。そして、インスタント食品も控えます。インスタント商品には様々な添加物を含んでいます。砂糖と同じ働きでアンドロゲンというホルモンを急増させて、肌に悪い影響を与えます。

さらに、コーヒーをよく飲む人は注意が必要です。コーヒーに含まれているカフェインは、ビタミンB群の吸収を妨げます。コーヒーの他にもカフェインが含まれている飲み物があります。例えば紅茶や緑茶などです。気分をリフレッシュしたいときに活躍する飲み物が多いですが、ニキビには良くありません。代わりにほうじ茶やごぼう茶、ハーブティーなどを飲むと良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *