Skip to content

ニキビのできない肌にするためには

「想い、想われ、振り、振られ」という恋占いを知っているでしょうか。

思春期の頃、顔にニキビができると、できた場所で恋占いをしたものです。そのような甘酸っぱい思い出はさておき、大人になってからは、ニキビはただただ憎いだけの存在です。金銭的に自由になった分、ニキビ治療に良さそうな基礎化粧品や市販薬などを次々と購入し、効果を試す日々を送っていませんか。そもそも、大人になってからできるニキビは、乾燥肌や敏感肌が原因である場合がほとんどです。

肌が乾いてしまっていると、新しい肌が生まれるターンオーバーが乱れ、角質がかたくなってしまいます。毛穴が弱く細くなるため、すぐに詰まってしまい、内部でアクネ菌などの原因菌が炎症を起こします。肌を外部刺激から保護する役割を持つ肌バリアの力も弱まり、少しの刺激で肌トラブルを引き起こしてしまいます。ではどのようにすれば、乾燥肌や敏感肌を改善できるのでしょうか。それは、あまりたくさんの種類の基礎化粧品や強いクレンジング剤を使わないことです。

基礎化粧品やクレンジング剤には、様々な成分が配合されています。中には、肌にとても強い刺激を与える成分も使われていることもあります。肌の負担を軽減させてあげることが、肌を健やかな状態に戻す近道となります。お金をたくさん費やして購入し、良かれと思って使っていたものが、よりニキビを作る肌を作っていたとなると、ため息が出ます。しかし、一度肌をリセットするという意味で、スキンケアは最低限だけにし、使用するものも、肌に優しいものを使い続けてみましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *