Skip to content

脂っこい食事とニキビのできやすさ

脂っこい食事ばかりだと、ニキビが増えます。

特に思春期は脂分が多いので、今まで大丈夫だった人でもニキビが急激に増える事があります。撃退のポイントは、脂を減らす事です。洗顔でしっかりと脂分を落とす事も重要ですが、脂っこい食事を続けていれば内側から脂が出てくるので、きりがありません。まずは脂っこいものを摂りすぎていないかを見直してみましょう。すぐに食生活を改善するのは難しいので、代わりになる食品で置き換えるという手もあります。

ハンバーグが大好きならば豆腐ハンバーグに変えてみる、マヨネーズが好きならば、そこにヨーグルトを混ぜてみる、などでカロリーと脂肪分を減らす事が出来ます。最初は物足りなく感じるかもしれませんが、慣れてくると脂っこいものが美味しく感じられなくなってきます。こうなれば食材本来の味を楽しめますし、肥満対策にもなり、ニキビ対策にもなる、と一石三鳥です。脂っこい食生活を改善すると、次第に毛穴から分泌される皮脂の量が減って、毛穴が詰まりにくくなります。

ここまで来たら、洗顔で治す事が出来ます。洗顔におすすめなのは固形石鹸で、泡立てて洗います。Tゾーンや小鼻の脇など、脂がたまりやすい所は指をクルクル回すようにしながら軽く洗います。あまり力を入れないで軽くなでるように洗うのがコツです。洗い終わったら、38度~40度くらいのぬるま湯で洗い流します。ぬるま湯だと石鹸が溶けやすく、肌にダメージを与えないからです。もしにきびでお悩みなら大阪の美容皮膚科でニキビ跡治療で解決です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *